院長の独り言4

みなさまの自分自身の生命力を高めるために

昔からよく言われ、私たち自身が潜在意識の中で分かっていること。

それは、私たちには自分で自分を治せる力が備わっている、ということです。

免疫力や自然治癒能力などと言われる力で、大きく言えば生命力ともいうべきものです。

みなさまが病気やけがや様々な症状に見舞われた時、まず思いめぐらせていただきたいのが、

「なぜ、私はこうなったのか?」

ということです。

その答えは、「自分の責任」だということです。

こう言ってしまうと、厳しく聞こえるかもしれませんが、そんなことはありませんのでご安心ください。

どんな病気やけがも、すべて自分が招いたものだということを認識するところから、治癒が始まります。

自分で招いたものであるからには、自分で治せるということです。

昔から、「肉体はこころの影」であるとか、「病は気から」であるという言葉があるように、気の持ちよう、あるいは日常の考え方により、その影響が反映されて、肉体の病や、さらに言えば人生のあらゆる事象に現象としてあらわれてくるのということです。

ですから、現象としてあらわれた病や苦難やその他の出来事は、みなさま自身のこころの状態を変化させることで、いい方向へ導いていくことが可能なのです。


長生伊藤治療院では、肉体へのアプローチはもちろんですが、それだけで十分とは考えていません。

人間は肉体のみならず、精神、こころ(魂・スピリチュアルな部分・本当の自分)へのアプローチも念頭に入れて治療を行っています。

肉体へのアプローチは指圧・マッサージや脊椎関節矯正など。
精神へのアプローチは、言葉。
スピリチュアルな部分に対してはプラーナによるヒーリング。

しかし、これらはあくまでみなさまの生命力を高めるお手伝いです。

みなさまが、治るのは自分の内なる力によるものであると認識していただいたうえで、当院の施術を受けられることにより、みなさまの生命力が高まり、健康で幸せな人生を送れるようになっていただけることを強く願っております。



「あかるく、たのしく、生きて行こう」

院長の独り言3

いつも多くの方が治療に来てくださいます。本当にありがとうございます。
少しでも楽になるように治療させていただいています。

今日も痛みがなくなりとても楽になったという女性の方が本当に喜んでくださいました。患者さまが楽になって喜んでいただけるのが私にとって何よりも嬉しいことなのです。

みなさん長生伊藤治療院に治療にいらっしゃる方は、痛みや肩こりなどで本当につらく悩んでいらっしゃいますから、そのような方の治療をさせていただき、その方の症状が少しでも改善し楽になったと喜んでいただけることは本当に幸せなことです。ありがとうございます。

楽になるパターンもいくつかあるのですが、
例えば一回の治療で劇的に改善される方もいらっしゃいます。


こういう方は関節のずれが主な原因になっている方です。
関節のずれが入れば痛み等は消失します。

急性の痛みの方などは、炎症が出ている場合が多いので、一回の治療で完治は無理で、連続した数回から十数回の治療によって徐々に改善されます。

慢性的な痛みやこり、特にしびれのある方は、週一回程度の定期的な治療を数ヶ月から数年続けることにより徐々に改善されてきます。


結果的に数年のお付き合いになる患者さまは、少しずつですが着実に改善され気がつくとだいぶよくなりましたねという感じです。


このような方の場合、一度や二度の治療ではほとんど改善がみられません。しかし硬くなった筋肉を緩め、ゆがんだ骨格を整え、ずれた関節を矯正することにより、必ず改善すると信じて治療を続けることが大切かつ確実なことだとつくづく感じます。

今までの経験からこのように言えるのです。


どうしてもすぐに効果が現れないと諦めてしまう方がいらっしゃるのですが、その症状がどのようにして起きたのか、また症状がでてからどのくらいの時間が経っているのかをよく考えていただき、じっくりと治療に取り組んでいただくと、いつの日か必ず喜べる日がくると信じています。

院長の独り言2

人生いろいろありますよね。

楽しいことばかりではありません。つらいこともあります。思い通りにならないこともあるでしょう。

まあ、人間生まれてくるときも一人、死ぬときも一人ですから(もちろん本当の意味で死ぬことはないのですが)、考え方によっては孤独な存在なのでしょう。

でも、同時に人間はみな助け合い、補い合って生きているんです。
一人ではないのです。

また、人間は誰一人同じ人間はいませんし、全く同じ考え方の人もいないわけです。それを理解するのはけっこう難しいんですよね。

なかなか難しい。つい自分の意見や考え方を押し付けてしまいがちなんですよね。

それでぶつかって、しなくていいけんかをついしてしまうんですよね。まあ、けんかもほどほどなら仕方ないんでしょうけどね。

でも、できればけんかなんかしないほうがいいですよね。
どうすればいいんでしょうね。

とりあえず、ぶつかってしまったら、あとでこっそり反省しましょう。そして思い出してください。人間は一人では生きていけないということを。

「なにいってんだい、一人でだって生きていけるさ」
なんておっしゃる方がいるかもしれませんが。

よく考えてみてください。たとえばコンビニなどで買い物をするとしましょう。そこで売っている物は必ず誰かがつくってくれたものですよね。また、売ってくれる人も必ずいるわけです。

電車も車も誰かがつくってくれたのです。食べ物も水道も電気もガスも現代のあらゆるものがそうですよね。

そのことに気付くと、そういうあらゆるもの、あらゆる人に感謝しなければいけないということに気付きますよね。

そこからすべてのものに感謝するということが大切なんだということがわかりますよね。

「感謝の気持ち」これは人間にとってとても大切なことだと思いますよ。

それから、「お互いに助け合う」ということの大切さ。今はお金があれば何でも出来る時代です。でも、いざというときはお金ではどうしようもなくなります。

そういうときこそ「助け合いのこころ」が大切になりますよね。
できれば普段から「助け合いのこころ」をもって生きたいですね。

それから、「ゆるすということ」これも大切です。

人生いろいろありますよね。はじめに書きましたが、基本的に人は孤独です。でも孤独なもの同士、助け合って生きたいものですね。

時にはけんかをし傷つけあってしまうこともあるでしょうが、すぐに水に流しましょう。そしていやなことは忘れることです。

人間は忘れることが出来るのでとてもいいんですよね。
忘れられなかったらとてもやっていられないでしょうね。

いやなことは早く忘れて、前向きにプラス思考で行きていくんです。それが人生をすばらしいものにしてくれると思いますよ。

感謝とゆるしの生活で、健康・幸せな人生をおくりましょう。

院長の独り言


最近、いやな事件が多くて困りますね。

人間として生まれたからには、大切なことがあるんですよね。

まず、わたし達はなぜこの世に生まれて来たのか?
何のために生きているのか?

みなさん、考えたことがありますか?

わたし人間はどういう存在なのでしょうか?

いろいろ異論はあると思いますが、わたしなりの考えを少し述べさせていただきたいと思います。

まず、わたし達人間は「魂を磨くために生まれてきた」のです。
(魂=霊性といってもいいですが)
そして、この世でいろいろな経験をしますが、それもすべて
「魂を磨くためにあらわれている現象なんですよね」

楽しいことや苦しいこと、嬉しいことやつらいこと、しあわせなことや悲しいこと、いろいろな経験を積みますよね。

これも全部魂を磨くためのものなんですよね。

そして、人生においてもっとも重要なこと、大切なことは何でしょうか?健康なしあわせな人生を送るためにも重要なことは、

「感謝のこころ、感謝するということ」
しかも
「天地一切の全てのものに感謝する」
ということなんですよね。

なぜかというと、先ほど述べたように、人生に起きることはわたし達の魂を磨くためのものですから、ありがたいことなんです。

実は自然治癒力や免疫力を高めるのに一番いい方法がこの
「すべてのものに感謝する生活」
なんです。

あるものには感謝するけど、あるものには感謝できないというのは弱いんですよね。

要は、すべての現象の裏にある真実の実相を観るということが大切なんです。そして本当の意味に気付き感謝するということが大切なんですよね。

例えば病気なども、それだけ観ていては感謝することは出来ないかもしれませんが、病気というのも実は自分で創りあげているんですよ。

病気は運が悪かったからとか、なにかばい菌のせいだとか、そんなのは表面的なことで、本質的なものではないのです。

うらみ、ねたみ、嫉み、苦しみ、悲しみ、不平、不満、こういったマイナスの感情、マイナスの波動を出していれば病気になりますよ。こういったマイナスは波動が、病気を創るのです。

つまり、病気になったということは、それまでの生き方が間違っていた、ということを気付かせてくれているのですよね。

ですから病気になったら、今までの自分の生き方を振り返り、なにが、どこが、間違っていたかをよく考え、反省することが大切なのです。

そして、人生の間違いを直すことが出来たとき、病気は消えているのです。

間違いにもいろいろあるでしょう。

例えば、食物、食べ物ですね。食物の質、量。
あるいは、食べかたも。

また、先にも述べましたが、こころの持ちよう=マイナス波動もよくないですね。

いろいろなストレスもあるでしょう。

これらすべて自分の人生の間違いなんですよ。

でも、そのことに気付き反省し、方向転換できれば、これほどありがたいことはないですよね。

病気は自分で創りだしている、このことがわかればもう病気なんか怖くありませんよね。

病気に限らず、たとえば人間関係や経済的な問題、家庭問題、その他すべての現象や環境も全部自分で創りだしているのです。
創造しているのです。

このことをよく理解してくださいね。

そして、つぎのステップへ進みましょう。

それは、人生を自分で意識的に、思うがままに創りあげていく、ということです。

人生は自分以外の何者かに創りだされているのではなく、自分で創りあげることが出来るんですよ。

よくも、悪くも人生は自分の思ったとおり、考えたとおりになっていくのです。

この法則をよ〜く理解してくださいね。

いくつか例を示しましょう。

簡単なものから、
例えば今日の夕食何にしようかと考えますよね。

メニューが決まれば、その材料を買いに行き、料理して、盛り付けて食べる。

これはみなさんが普段何気なくしていることですが、これも立派に考えたことが現実になっているんですよね。

例えば横浜みなとみらいのランドマークタワーなんて大きな建物がありますよね。

これだってはじめは誰かがあのような建物を建てようと考えたわけです。

そして、設計図を描き、材料を集め、多くの人々と協力してつくりあげたのですよね。

これも考えたことが現実になったわけです。

こういうことがわかってくると、積極的にこの法則を使うことが出来るようになるんですよね。

人生を思うがままにするためにもっとも大切なことは、

「よく考えること、そして行動すること」です。

これを繰り返すことが人生を自分の思うがままにつくりあげるコツなんです。

もうすこし説明しますと、

まず「目標」を設定します。

その目標を実現するためにどうしたらいいか考えます。

それを実際に行動に移します。

もし問題が生じたら、反省し、また考え行動する。

この繰り返しだけです。

難しいようですが、みなさん大なり小なり意識的無意識的にかかわらず、このようにして生きてきているんですよ。

ですからけっして難しいことではないのです。

ポイントは、目標を今までより少し高めに設定することでしょうね。

そして、実現したら更に少し高い目標を設定する。

この繰り返しで、みなさんも自分の思うがままの豊かで、健康でしあわせな、人生を創りあげていただけたらと思っています