関節矯正

人体の関節はさまざまな動きをしてくれます。

でもそれぞれ動く方向や動く範囲は決まっています。

もし、その範囲を超える動きをしてしまったら、あるいは何らかの原因で関節がずれてしまったらどうなるでしょうか?

違和感や痛みが出現します。

このような時は、ずれた関節を元の位置に戻さなくてはいけません。

そのために行なうのが関節矯正です。

からだにはたくさんの関節がありますが、

ここでは特に脊椎以外の関節についてお話いたしましょう。

主な関節

肩関節
肘関節
手関節(手首)
指関節
股関節
膝関節
足関節(足首)
足趾(足の指)関節


他にもいくつかありますが、とりあえず上記の関節を確認してください。

じつはどの関節もずれて引っかかることがあるのです。

肩関節などはずれることがよくあります。

ずれというのは亜脱臼といってもよいですが。

脱臼はみなさんよくご存知だと思いますが、
肩の脱臼は肩の関節が完全に外れてしまうことです。


これは完全脱臼といいます。

それに対して、亜脱臼というのは、関節が少しずれた状態を言います。

よく病院や整形外科でレントゲンを撮ってくれると思いますが、レントゲンでは骨折や完全脱臼はわかりますが、亜脱臼は分かりにくいかも知れません。

ですが、亜脱臼というずれた状態があるのです。

肩のほかには膝などもずれやすいです。

膝が痛い方は、膝関節のずれを疑ってみてください。

肩も膝もその他の関節もそうですが、

当院では、関節に痛みや違和感がある場合、まずはずれを疑います。

そこがポイントです。


関節はずれることがよくあるのですが、それを知らないで治療をするとどうなってしまうのでしょうか?

病院などにいくと、レントゲンを撮ってくれて、

「骨には異常がないですね」などと言われることが多いようです。
骨折や脱臼をしていない、あるいは変形などもしていないという意味です。

そして電気をあてる(赤外線、マイクロ波、低周波など)、痛み止めの薬をくれる、または痛み止めの注射をうってくれる(ブロック注射など)。あとは湿布を貼ってくれるかも知れません。

また、「軟骨が減ってますね、年だから仕方ないですね」なんて言われたりします。

それでも痛いんですなどというと

「じゃあ、手術しますか?
などと言われることもあります。

ですからみなさん、もし関節の痛みがあるのでしたら、
まずは、関節のずれを疑ってください。

ずれたまま痛み止め等で、痛みをごまかしていると、関節はずれてますから負担がかかります。

無理な力が加わりますから、炎症がでて腫れてきたり、膝なら水が溜まったりすることもあります。

さらにほっておくと、骨棘(こつきょく)といって骨にとげとげができてきたりします。
すなわち骨が変形してきてしまうこともあります。

ですから、わからないとそれが当然というふうになりますが、わかっているとそうならないようにすることができるのです。

 

 
関節の痛みや違和感のご相談、施術のご予約は
045−434−4976
長生伊藤治療院

まで、お気軽にご連絡ください。






つぎは骨盤矯正です