脳出血

脳出血とは脳の血管切れて脳内に出血したものです。

高血圧症がもっとも重要な原因ですが、動脈瘤破裂静脈瘤破裂脳腫瘍内出血外傷血管炎血液疾患なども原因となります。

脳出血は突発的に発生し後遺症として片麻痺が残ってしまう場合が少なくありません。そのためリハビリを行う必要があります。リハビリはなるべく早い時期から始めますが、まずは病院で行われる場合がほとんどです。

ある期間経過後は退院することになりますので、自宅に戻ったあとのリハビリを考えなくてはいけません。

リハビリせずに放置すると、関節が硬くなるいわゆる関節拘縮が進んでしまうことも少なくありません。

また、筋力低下ADL(日常生活動作)の低下が進む場合があります。

そのため継続的なリハビリを行い、関節拘縮の改善、予防、筋力アップ、ADLの向上を目指すことがとても大切なのです。

継続してリハビリを続ければ、関節拘縮の改善、筋力アップ、起居動作の改善などが期待されます。

まずはご自身で身体を動かすことが大切です。また、ご家族の方が動かしてあげることもとても良いことです。

ただ、なかなか難しい面もあるかと思いますので、そのようなときにはプロのマッサージ師に訪問マッサージを依頼するのも良い方法かと思います。
訪問マッサージは健康保険を使って、ご自宅や入所施設に定期的にお伺いし、医療マッサージが受けられるサービスです。

硬くなった筋肉をマッサージして関節の動きを改善します。また、血液循環の改善、むくみの改善などにも効果が期待できます。

 


 
→お問い合わせは

→つぎは片麻痺です