脊椎矯正

人体の中心は背骨です。

背骨にずれ、ねじれ、ゆがみなどがなく、まっすぐなひとは健康で長命です。

逆に、背骨に曲がり、ずれ、ゆがみがある人は病弱で短命です。

さまざまな症状、病気の兆候は背骨の状態にあらわれるといわれています。

この背骨のずれやねじれなどを矯正し、生理的にまっすぐな状態に近づけることが、
健康への近道ですよね。

そのために行なうのが脊椎矯正です。


もうすこし詳しくお話しいたしましょう。


背骨は正確に言うと脊椎(せきつい)です。

この脊椎は上から、頚椎(けいつい=首の骨)、胸椎(きょうつい=肋骨(ろっこつ)が付いている骨)、腰椎(ようつい=腰の骨)、仙骨(せんこつ=お尻の骨)、尾骨(びこつ=尾てい骨)という名前が付いています。

また、その数は

頚椎は7個
胸椎は12個
腰椎は5個
仙骨は1個(正確には5個がくっついた状態)
尾骨は1〜3個(個人差あり)

となっていて、基本的にこの数はみなさん一緒です。

で、このそれぞれの骨(椎骨といいます)は関節(椎間関節)をつくっていて、ある程度自由に動くようになっているんですね。

ですから、わたしたちはからだ(躯幹=くかん)をいろいろな向きに動かすことができたり、バランスをとることができたりするんですよね。

でも、実はこの椎間関節ってずれることがあるって、みなさんご存知でしたか?

まあ、ずれるというか、ねじれるというか、曲がるというか、表現は微妙なんですが、いうなれば関節が引っかかってるような状態ですね。

関節ですからある程度動くのは当たり前なのですが、例えば頚椎だって首を曲げたり、まわしたりすれば動きますよね。問題は動いた頚椎が元の正しい位置に戻るかどうかなんですよね。

動いても元の位置にきちんと戻ってくれれば問題はないんですが、
元に戻らずずれた状態で止まってしまう場合がよくあるんです。

これが、わたしが言っている、いわゆるずれた状態なのです。

このように頚椎がずれた状態のままですと、

少しのずれなら、普通の人は、ほとんど何も感じないかも知れません。(敏感なひとは感じると思いますが。)

もう少しずれると、違和感痛みを感じるようになるでしょう。

さらにずれると、痛くて首を動かすことができなくなるかも知れません。

交通事故などでもっと大きくずれれば、中の脊髄を損傷して、からだが動かなくなってしまう(麻痺)かもしれませんよね。

このように、頚椎のずれは程度の差こそあっても、からだに悪影響を与えることになるのです。

重要なのはこの頚椎に限らず、脊椎の中には脊髄という中枢神経が通っていることと、

脊椎と脊椎の間の椎間口から脊髄神経という末梢神経が出ていることです。

この末梢神経は、運動神経・知覚神経・自律神経
といわれるもので、自律神経はさらに

交感神経と副交感神経とに

わけられます。

ですから、脊椎がずれるとこういった各神経を圧迫して、神経の働きをわるくしてしまうんですよ。

ここがポイントなんですよね。

運動神経がやられると、手足の動きがわるくなったり、動かなくなったりしますよね。

知覚神経がやられると、痛みを感じたり、逆に感覚がなくなったりしますよね。

また、自律神経はわたし達の意志とは関係なく、内臓などの働きを整えてくれているのですが、

その自律神経をやられると、知らないうちに内臓の働きがわるくなり、さまざまな病気や症状の原因になってくることが考えられますよね。

長生医学では、ひとつひとつの脊椎と内臓との関係を明らかにしていますが、現代の解剖学でも確認されてきています。

このように脊椎のずれによる神経のはたらきへの悪影響は、みなさんが知らないうちに、
からだを健康に保つはたらき(自然治癒能力)を弱めてしまっているのです。

冒頭でもお話しましたが、

背骨にずれ、ねじれ、ゆがみなどがなく、まっすぐなひとは健康で長命です。

ですから、みなさんもなるべく背骨をまっすぐに保つようにしてくださいね。

それがまず何より、健康を保つ秘訣ですよね。
問い合わせをする

今すぐ脊椎矯正してほしい

つぎは関節矯正です


さらに長生学園HPから引用させていただくと、

遺伝性の原因をもつ疾患が明らかになるにつれ、脊椎の重要性が改めて認識されてきました。

しかし脊椎そのものの捻れに関しては、今日なお軽視される傾向にあります。

私たちは、長年の治療体験をもとに調査研究を重ねた結果、脊椎が真直ぐで、しかも捻れのない人は、ごく少数であり、このような人は重い病気にもかかりにくく長命を保てるということが明らかになっています。
  
  続きを読む