腰の治療

腰の治療(急性の痛み・慢性の痛み、坐骨神経痛、違和感)
注)以下の内容はわたしが臨床上自ら経験した症例の治療結果から導き出したものです。主に筋骨格系の原因を挙げています。

原因その1(腰椎のずれ、ねじれ、亜脱臼によるもの)
腰椎は第一腰椎から第五腰椎まで5つありますが、特に第四、第五腰椎は可動性が高いため、ずれて(ねじれて)引っかかることが多いですね。
また、後方亜脱臼や後湾状態いわゆる猫腰のような状態になってしまうことも多いです。
第四、第五腰椎から仙骨にかけて坐骨神経が出ていますから、この部位に転移を生じると腰痛や坐骨神経痛あるいは違和感の原因になってきますよね。
ポイントは腰椎の矯正をして、腰椎あるいは仙骨を正しい位置に戻すことですね。

原因その2(腰部筋肉の硬結によるもの)
腰部には腰方形筋や脊柱起立筋、大腰筋などの筋肉がありますが、これらの筋肉が使いすぎによる疲労や、何らかの原因でカチカチに硬くなってしまうことがよくあります。
腰部には肋骨がないため、腰椎と筋肉でからだを支えなくてはいけないため、とても負担がかかります。
そのため、腰部は硬くなりやすく、痛みや重い感じ・だるい感じなどの原因になるんですよね。

原因その3(腰椎椎間関節の拘縮によるもの)
腰部の筋肉が硬くなり、椎間関節が拘縮し、腰部の関節運動が制限されることがあります。無理に動かそうとすると痛みや違和感が生じますね。

原因その4(骨盤のゆがみによるもの)
骨盤のゆがみがあると、どうしても脊椎に無理がかかり、ずれやねじれの原因になってきます。その結果、腰部に痛みや違和感が生じることがあります。

原因その5(腸腰筋(腸骨筋・大腰筋)の張りからくるもの)
腸腰筋は脚の太ももを持ち上げる筋肉です。この筋肉は、腰からお腹の中を通って大腿骨の内側の小転子という部分についているのですが、この筋肉が張ってしまうと、腰痛の原因になるばかりでなく、股関節部の痛みの原因になることもあります。

原因その6(炎症によるもの)
ぎっくり腰などいわゆる急性腰痛の場合、筋肉や靭帯を傷めてしまい、炎症が出ることが多いです。この場合患部は熱感や腫れが生じます。よく冷やすことが大切です。

原因その7(椎間の詰まりによるもの)
腰椎の椎間が狭くなり(詰まった状態)神経が圧迫、刺激されて痛みが生ずる場合があります。
ひどい場合はいわゆる腰椎椎間板ヘルニアといって、椎間にある椎間円盤(椎間板)がつぶれて、中の髄核という液状の組織がはみ出し神経を圧迫、刺激して激痛(坐骨神経痛症状)を起こす場合もあります。
ただしヘルニアがあるから必ずしも痛みがあるわけでもなく、ヘルニアは手技療法でも(時間はかかりますが)十分治癒しますので、ご安心を。

当院では上記のような原因に対して独自の手技を用いて治療を行なっています。

軽いぎっくり腰など急性腰痛なら、1〜2回の治療でかなり改善されています。
ぎっくり腰でも重症な症状のものは、治癒まで1週間から1ヶ月くらいかかる場合もありますが、

急性腰痛(ぎっくり腰など)の場合は、基本的に
1 痛くなったらなるべく早く適切な治療をすること、
2 炎症がある場合、痛む患部をよく冷やすこと、
3 そしてなるべく痛くない姿勢で安静にすること
が、急性の痛みを少しでも早く取るためのポイントですね。

慢性の腰痛の場合、場合によっては1回の治療で劇的によくなる場合もありますが、
多くの場合痛くなってから時間が経っているため、痛みの消失までには時間がかかる場合が多いです。

坐骨神経痛の症状が出ている場合でも同様ですが、慢性的な場合、いわゆる腰痛のみの場合に比べて、治癒に時間がかかる場合があります。

いずれにしても、上記のようなポイントを押えつつ、適切な治療をおこなえば、腰痛(あるいは坐骨神経痛)は楽になってきますので、みなさん諦めずに気軽にご相談くださいね。

お役に立てれば幸いです。
→今すぐ治療して欲しい
→お問合せは
→腰痛
→部位別治療法トップ