パーキンソン病

「パーキンソン病」は中脳の黒質にあるメラニン細胞の変性萎縮と大脳基底核の病変によって

 「振戦」「筋硬直」「寡動」「姿勢調節障害」を生ずる疾患ですね。

主徴は「振戦」「筋硬直」「寡動」ですが、進行すると
表情のかたい「仮面様顔貌」、起立時に体が前に傾き腰の折れた「前傾前屈姿勢」となります。
また、「小刻み歩行」、「突進現象」、「丸薬を丸めるような動作」をするようになります。

在宅医療マッサージによって、硬くなった筋肉を緩め、関節可動域の改善をはかることができますね。

また、歩行訓練、筋力アップなどのリハビリ効果も期待できます。

声も出にくくなりますので、簡単な声だし訓練もおこないます。

パーキンソン病の方本人も大変ですが、介護をされるご家族の方のストレスも相当なものになりますよね。

私もよく相談にのらせていただいていますが、そのようなご家族のご負担を少しでも軽減できたらと思っています。

一度ご相談くださいね。少しでも力になりたいと思っています。
 


→お問合せは

→つぎは変形性膝関節症です