脊髄損傷 対麻痺 四肢麻痺

「脊髄損傷」は交通事故、スポーツ損傷、高齢者の転倒、手術などのほか、脊髄腫瘍や血管障害により、

脊髄が傷つけられた結果、その部位以下の神経支配領域に麻痺を生ずるもので、膀胱・直腸障害も併発します。

また、発汗障害、血管運動障害、高位脊損では、体温調節、血圧調節の障害も出ます。

更に関節拘縮、褥瘡、骨粗鬆症などのリスクも伴います。

下半身麻痺なら対麻痺、両手も麻痺しているなら四肢麻痺と言います。

脊髄損傷の方が、在宅医療マッサージをお受けになると、関節拘縮のある方は拘縮の改善予防を期待できます。また、血液循環の改善も期待できます。
 
→在宅医療マッサージについて

 
→問い合わせる

→つぎはパーキンソン病です