肘・手首・指の痛み

「先生、テニスの試合をしていたら、急に手首が痛くなって、ラケットを握れなくなってしまったんです!」

手の親指を動かすと痛むんですよ

「ゴルフのせいかな?肘が痛くて仕方がないんですよ」

こういう方たちも、けっこういますね。

手首が痛いとまず腱鞘炎をうたがう方が多いと思います。

腱鞘炎かどうかは検査すればすぐわかりますが、本当に腱鞘炎の方は意外と少ないですね。

けっこう多いのは、やっぱり手首の関節のずれですね。

テニスの方もそうでしたが、手首の関節がずれているときは動かすと痛いですね。でもずれが入ればその場で痛くなくなりますよ。

「先生、痛くないです!あら不思議ねえ?」
なんてよく言われますよ。

親指の付け根なんかよく痛くなりますよね。
わたしも仕事柄よく痛くなりますよ。

親指に限りませんが、指の関節もよくずれますよ。

肘もずれますね。お子さんなんかは、いわゆる肘内症といって、これはお子さんの手をぐいっと引っ張った時なんかに、お子さんの肘の関節が外れてしまうんですね。

いずれにしても、ずれたものは入れなきゃ仕方がないですよね。
ずれが入れば痛みは楽になりますから。

でもずれたまましばらく時間がたっていると炎症がでていて痛みがすぐには取れない場合もありますよ。
こういうときは、慌てず、焦らず、よく冷やすこと、そして治療を続けることが大切ですね。



問い合わせをする


今すぐ予約をする


つぎは腕の痛みです