五十肩・四十肩・肩の痛み

みなさん、肩の痛み、中でも肩が痛くて上がらないというといわゆる四十肩・五十肩を思い浮かべる方が多いと思います。

でも、実は最初に痛くなったときは肩の関節がずれて痛くなっていることが非常に多いのです。
それを「そのうち治るだろう」とか「ほっときゃ治るさ」なんて思ってほっておくと

炎症が広がって痛いからなるべく動かさなくなりますよね。そうしているうちに筋肉が硬くなって(関節拘縮)上がらなくなるんですよ。

肩が痛くて上がらないときは、まず関節のずれ(亜脱臼といいます)をうたがってくださいね。

四十肩・五十肩の場合もそうです。まず関節のずれを矯正しなければなかなか改善しません。

さらに、筋肉が拘縮している場合でも、ずれをまず矯正してから硬くなった筋肉を緩めていけば、改善も早くなりますね。

また、肩がずれると、まわりの靭帯なども傷つくことがあります。また炎症が出ているときもありますよね。そういう時はよく冷やすことが大切です。

さらに肩の痛みの原因には、首(頚部)から出ている腕神経の痛みによるものもあります。そのときは首の治療もしなくてはいけませんよ。

まとめると、

「肩が痛いときはまず‘ずれ’(亜脱臼)を治す(矯正する)こと」

「炎症や靭帯などに損傷があるときはよく冷やすこと」

「筋肉が拘縮して可動域に制限があるときは、時間をかけて少しずつしかし確実に緩めていくこと」

「腕神経が原因の場合もあるので、その場合は首の治療もよくおこなうこと」


がポイントですね。
→肩関節の治療

例えば50代の男性ですが、右肩の痛みでいらっしゃったのですが、本人は五十肩でしょうとおっしゃいました。

検査してみると、確かに右肩関節の拘縮がありましたが、ずれ(前方および右方向への亜脱臼)もありました。ここがポイントです。

この方は半年前から痛くなったそうですが、整形外科に通っていてもいっこうによくならず、たまたま奥様のお母様がうちに治療に来ていたため、紹介されて来たのでした。

痛くなった原因をよく聞いたところ、ダンベルを持ち上げたとき痛くなって、すぐ治るだろうとほっておいたら、なかなか痛みがとれずに、病院に行ったそうです。

結局この方は
「右肩関節のずれ(前方および右方向亜脱臼)と炎症および関節拘縮(主に三角筋)」
がありました。

半年もずれたままにしておいたので、筋肉が硬くなり、ずれを矯正するのも大変でした。硬くてなかなか矯正できないのですから。

しかしずれが矯正されるとずれによる痛みが軽減し、動く範囲(関節可動域)も多少改善されました。炎症もあるためその痛みはすぐには取れないですし、関節拘縮があるため可動域もすぐには改善しませんから、どうしても継続治療が必要となります。

この方は仕事が忙しいため、だいたい週一回の治療で、ずれの矯正、関節拘縮の改善治療、炎症を取るために湿布による冷却を行い完治しました。

(治療期間の目安は症状の程度によりますが、週2回の治療で約3か月、週一回の治療で3〜6か月ほどで完治される場合が多いです。)

ずれは一度矯正しても次にはまたずれていることが多く、少し時間がかかりました。これはずれたまま長期間経ってしまったため、まわりの組織がずれた状態になじんでしまい、ずれやすくなってしまったためと思われます。

もっと早く来ていれば、もっと早く改善したと思います。

みなさんも、治療は早く受けたほうがいいと思います。

一度関節がずれると、まわりの筋肉や靭帯がずれた状態になじんでしまうため、ずれを矯正してもまたすぐずれることがあります。そういう時はまたずれを矯正しなければなりません。

しかし何度かくりかえしずれを矯正していけば、だんだんずれにくくなってきます。それまで多少時間がかかっても継続して治療をすることポイントですね。

肩は大事な関節です。焦らずじっくり治療しましょう。
ただそのときは、きちんと肩の関節のずれを矯正してくれるところにいかなくてはいけません。

くれぐれも、電気をあてるだけ湿布を貼るだけのところや、

さする程度のマッサージをしてくれるところ、肩のずれを矯正できないところへは行かないほうがいいと思いますよ。

ご予約お電話番号は 045-434-4976 です


→五十肩・四十肩・肩の痛みに関する患者さまの声




                 
肩の関節のずれを矯正してくれるところは→


問い合わせをする


今すぐ予約したい


次項有五十肩・肩の痛みの原因と症状と治療法

次は膝の痛みです

五十肩 四十肩 肩の痛みの原因は?

五十肩や四十肩、肩の痛みの原因の多くは、

「ずれ(亜脱臼)です」

と言っても過言ではありません!

そして「炎症」

さらに「関節の拘縮(筋肉が硬くなり動きが制限されること)」

が、大きな問題となります!

詳しくは→五十肩、四十肩、肩の痛み

→五十肩・四十肩・肩の痛みに関する患者さまの声

次項有五十肩・肩の痛みの原因と症状と治療法