膝の痛み 横浜市港北区 太田 さま 50歳 女性

膝の痛み

横浜市港北区
太田 さま 50歳 女性

初めて試みたスキーで無理な転倒をし、左膝を痛めてしまいました。

直後、骨は大丈夫と思いましたが、過激な怪我ではなかったので、どこに深刻なダメージを受けたのかわからないままシップを貼った程度で翌日も滑っていました。

でも、足を突っ張ったり、ある角度で支えたりすると力が抜けるほどの痛み
を感じました。
スキーから帰るころには目に見えて膝が膨れ始め、歩くのが辛くなってきました。

すぐに整形外科に行き、レントゲンをとりましたが、骨はきれいで、内出血もありませんでした。

水を抜いてもらい、シップサポーターで膝の腫れをとり、
電気ホットパックで毎日のようにケアしました。

1週間に1度は診察を受け、コラーゲン注射をしました。
膝の関節を滑らかにし、負荷を少なくして自然治癒を待つとのことでした。

けれど、2ヶ月たって、自然治癒ならとっくに治っているだろうはずが、
違和感痛み取れません

その頃には、漠然と、また本能的に、この治療では治らないのではないかと感じていました。

たしかに、日常動作はこなせるようになっていましたが、スキー前の膝とは明らかに違う
右と左が同じではないのです。

左膝は関節がすっきり曲がらず、なにか挟まっているような感じでした。

正座をするには覚悟が必要でしたし、駆けたりすることできませんでした。
もう、この年だから走れなくてもいいや、とあきらめかけていました。

こうして、怪我をしてから約半年間左膝をかばって生活していましたが、自分で治ったと納得できないのがいやで、なんとかもと通りになるよう、もう一度手を尽くしてみよう
思い始めていた矢先、長生伊藤治療院の伊藤先生にお話を聞いていただく機会がありました。

このようなスポーツ障害でも診ていただける、とのことで、治るかもしれない!
と思いました。
あんまり治療が長くなるのも困るけれど、それでも治るのなら・・・そんな気持ちでいたのです。

ところが、治療が長くなるどころか実に初回で、伊藤先生に膝を揺らしていただいたらどこかがあるべき位置に入ったようです。ほんとに軽い「こきっ」という音でした。

その結果、両膝が同じように曲がるようになりました。

たった1回でとは予想もしていませんでした。もっと早くくればよかった
翌日から、体重がちゃんと支えられていると実感できてとても嬉しかったです。

治った直後は、それまでの無理がたたったせいか、膝が、がくがくしていましたが、
周りの靭帯もいまでは落ち着いてきているようです。

駆けることもできます。でも、関節がずれやすくなってしまっていると困りますから、
調子に乗らないよう気をつけています。

膝はあまりにあっけなく治ってしまいましたが、今回のことがきっかけで体のゆがみもあることがわかりました。

今は特に深刻な問題はありませんが、月1,2度メンテナンスは続けて行きたいと思っています。

また、凝り性のにもメンテナンスを勧めて夫婦でお世話になっています。