肩の痛み・膝の痛み・腰痛・横浜市港北区 M.Y.さま 64歳 女性

肩の痛み・膝の痛み・腰痛

横浜市港北区
M.Y.さま 64歳 女性

お茶席での正座や長年続けている体操のひざの屈伸運動の時など、右ひざに痛みを感じながらも、歩いたり駅の階段のかけ昇りなどは全く何の支障もなく、廻りの友人達も同じ様な事を云っていましたので、その内治るだろう・・・・・・と深く気にもとめずに三ヶ月が過ぎた頃、伊藤先生に在宅医療マッサージを受けている母より、「一度先生の所に行ってみたら?」と勧められて、初めて「長生伊藤治療院」を訪ねたのが二年前の事でした。

素人の判断とは恐ろしいもので、この時の痛みは半月板のずれと靭帯が伸びていた事(内側側副靱帯損傷)によるものでしたが、整体マッサージを受けて完治

その後も右腕が上がらなくなったり、かなり重症の「ぎっくり腰」などに見舞われましたが、すべて先生の治療で元の状態に戻る事ができました。

そんな訳で月に2〜3度(状態が悪い時は週に1〜2度)の割合で、身体のあちこちの
”ゆがみ””ずれ”を調整して戴くため長生伊藤治療院に通っていますが、治療して戴きながら先生に色々なお話を伺い知った事は、「人間の身体は本当に精密機械の様なものだ」と云う事でした。

英智を集めた現代最先端の技術で作られた機械にも劣らず人間の身体と云うものは生まれた瞬間から一生休むことなく勤勉に働き続けてくれる訳ですが、使用年数や状態によりあちこちの部分が疲弊したり故障が生じたりしますので、コンスタントなメインテナンスがいかに必要かと云う事が解りました。

人間には”自然治癒力”というものが備わっていますが、身体不調の折、その治癒力を発揮する為、日常生活の中に人それぞれの方法・やり方で散歩体操・水泳などを取り入れて身体の調整を計っていると思います。

加齢による不都合がおこらない様にする為にも「長生伊藤治療院」での精密機械の定期的なメインテナンスが、私には健康維持のための重要ないやしの時間になっています。
→五十肩・四十肩・肩の痛みに関する患者様の声へ