右腕が上がらない 夜間痛もひどい 相模原市 中川さま 49歳 女性

右腕が上がらない 夜間痛もひどい

相模原市

中川さま 49歳 女性

 

1.来院前の症状はどのようでしたか?

 

出会い頭に、激しく人とぶつかり、右肩から転倒。徐々に右腕が上がらなくなり、半年後には板書も首の高さでした出来なくなったため、拘縮をとる手術をしました。しかし、リハビリも思うように進まず、「このまま一生右腕が上がらないのか・・・」と困りました。夜間痛もひどかったです。

 

伊藤 

はじめいらしたときは手術もされていたとのことでしたが、右肩が前方に85度、横方向に90度までしか上がりませんでした。ずれを整えたあとそれぞれ125度、100度まで上がるようになりましたが、肩関節の拘縮もあり、3回目で160度、8回目で170度、19回目で180度でほぼ完治となりました。

 

2.施術を受けた後の症状の変化を具体的に教えていただけますか?

 

肩関節のずれを毎回整えて頂くことで、痛みが少しずつなくなりました。また、施術前後で可動域の広がりを測って頂くのですが、少しずつ改善されていることが分かりました。記憶では、通って3〜4ヶ月頃から、めきめき腕が上がるようになりました。

 

3.体調が回復して一番良かったこと、嬉しかったことは何ですか?

 

病院や、あちこちの整体院を巡っても良くならず、途方に暮れていましたが、伊藤先生に肩関節のずれを整えて頂き、右腕で普通に板書ができるようになったことが、本当にうれしいです。

 

4.同じ症状で悩んでいる方へメッセージをお願いします。

 

四十肩・五十肩の症状(私の場合は、転倒が引き金でしたが)は特効薬がなかなか見つかりにくいと思います。肩関節のずれの調整はすばらしい解決策ですが、それだけの腕を持つ先生に巡り合うのは大変だと思います。伊藤先生は確かな腕をお持ちで、片道1時間以上かけて通い続ける価値が充分にある先生です!

 

ありがとうございました。